• 公式facebookページ
お菓子の話やお店の出来事をお届けします。
2017年01月21日

絹ごしのような、お餅

川崎にある和菓子屋、新岩城の姑です。
年末に、初めて新岩城で搗き立てののし餅を購入されたお客様が、先日いらっしゃいました。
「お餅美味しかったわよ。

絹ごしのような滑らかさで、とっても味が濃くって本当に美味しかった。」
と、仰ってました。
ありがとうございます😊

新岩城のお餅は、富山県産の「新大正糯米」を使っているんですよ。
富山平野は、北アルプス立山連峰の雪どけ水がが豊富にあって、、
北アルプスの雪どけ水「自然派の恵み」が、美味しい糯米を育んでいます。

県内の人は、新大正糯米を食べたら他の糯米が食べられないと言っているほど!
「幻のもち米」

「もち米の王様」と、言われています。
確かに、美味しいです。
コシの強さと、粘りと絹のようななめらかさを兼ね備えた、甘み豊かな風味が特徴です。

その新大正糯米を使って

3月まで、「なまこ餅」も販売しておりますよ。

私は、一味とうがらしが好きなんです。
お鍋のシメに入れて、

ふぅふぅ~しながら、頂くのがなんたって

最高‼️(*≧∀≦*)
昨日、お客様が新しい食べ方を教えて下さいました。
一味とうがらしのなまこ餅の上に、

トロけるチーズをのせて食べると、

辛さがまろやかになり、美味しいんですって。

やってみよ(^-^)
新岩城のお餅、是非一度召し上がってみて下さいネ。